子ガメ産まれる

クサガメ産まれる
少し前からタマゴの割れた部分を少し持ち上げ、中からこちらを伺うように見ていたっぽいので、孵化はもうすぐだろうと思っていましたが昨日無事に産まれました。
バーミキュライトの底に潜っていた子ガメを掘り出してみると、すでにヨークサックを吸収していたので割とすぐに水の中に入れることができそうです。

クサガメのタマゴ その後

imgp2080

産卵から一ヶ月たって、タマゴも成長しているように見えます。
黒っぽく見える部分を見ると、なんとなく中にカメがいる雰囲気がしてきます(^^;
孵化まであと一ヶ月くらい。無事に成長してほしいものです。

ちなみに、二個あったうち一個は会社の後輩のもとへドナドナしていきました。
無事育ってるだろうか…

タマゴ

5月23日、カメを見に行くと丁度クサガメのひらぞうが産卵の最中でした。
産卵場所が無いため、陸場に上がりおしりを水の方に向けてタマゴを水の中に産み落としていました。
産んだタマゴは6個。一つはニホンイシガメのたけぞうに食べられ三つは無精卵でした。
孵化まで約二ヶ月、7月の終わりか8月のあたまくらいには子ガメが見られるんじゃないかと思います。

タマゴ

ホットホットトゥゲザー

ミナミイシガメのアンディちゃんと我が家で生まれたクサガメのかめっくすは、まだ小さいので二匹だけ水深の浅いプール暮らしをしています。

ミナミイシガメは夜行性だということで、他のカメのように甲羅干しをするのかどうか分かりませんが、たまに陸場に上がって暖まっています。そして、たまにかめっくすに乗っかられて一緒に暖まっています。
ミナミイシガメ クサガメ
陸場のアンディちゃんはすぐ逃げるので近づいて撮れません。水の中にいる時はエサくれって寄ってくるのに…

産まれました

子ガメが産まれました。産まれたのは少し前なのですが、ちょっと心配だったので様子をみてました。

子ガメ1
まだ卵嘴(らんし)が付いていますが今は取れました。

子ガメ2
大きさはこのくらいです。

子ガメ3

子ガメ4
お母さんの「ひらぞう」に乗っけてみました。なんかゴミがへばり付いてる感じ(笑)

まだ腹甲のヨークサックが付いていた部分が閉じていないので、もうしばらく水苔を入れたプラケでの生活になりそうです。

たまごにヒビが!? 3日目

たまごってヒビが入ってからすぐ産まれるものではないんですね・・・・
3日前から比べるとヒビ割れが広くなったもののまだ孵化する気配なし。
ちょっと心配になったころに、昨夜モソモソたまごが動いているのを確認出来ました。たまごの中のカメさんは無事の様子。はぁ〜待ち遠しいな〜名前考えなくちゃな〜♪

クサガメ産卵

クサガメのひらぞうが卵を産みました。以前にも2個産んでいたのですが、水中で産んでいて、気がついた時には2個とも割れていました。

産卵は何回か行うということなので、オスチームとメスチームに分け、メスの方には土を入れて産卵できるようにしておいたのですが、気にはするものの今回も水中に産んでいました。深さとか土質とか、何かが気に入らないんだと思います。

ひらぞうの相手はカメちゃんです。両方とも繁殖にはまだ若すぎる気もするのですが、卵の変化(真ん中が白くなっている)を見ると有精卵だろうと思います。ちなみに左の小さいのも卵ですが、十分育たないまま産んでしまったのかも…
ひらぞうの卵

順調に行けば2ヶ月後に孵化となります。