カクレクマノミ リターンズ

前回投入したカクレクマノミは、環境に馴染まずエサも食べずで結局お亡くなりになってしまいました。
それからまた寂しい一人暮らしになったのですが、3月に入ってからホームセンターのペットコーナーにいたチビをつれて帰りました。
前のチビよりは大きめですが、そこのホームセンターの生体は、特に海水魚についてはきちんと管理されているようには見えず、あまり期待はしていませんでした。
実際水槽に放して数日はエサ食いも悪かったのですが、しだいに環境にも慣れ人間にも慣れ、先住者にもビビらず食欲も旺盛になりました。これで一安心。あとはペアになってくれればと思います。
カクレクマノミ

新しい同居人

孤独になったカクレクマノミがどうしても元気がないので、新しい同居人を連れて来ました。
先住者の方が力関係だと上になるらしいので、後から入れるのは先住者より大きい方がバランスが取れていいかもしれないと思いましたが、売ってるのはどれも小さいのばかりだし、大きいのはすでにペアになっていたりで、しょうがないので小さい中でも大きめのを連れて帰りました。

水合わせと温度合わせが終わって水槽に投入すると、やっぱり先住者が新参者を追いかけまわしたり突ついたり…
ただ、ダメージを与える様な攻撃はしないため、しばらくほっておいたら落ち着いたようで一安心。

新参者は新しい環境にまだ馴染まないようで、同じ様な場所を行ったり来たりですが、そのうち慣れてくれるでしょう。
カクレクマノミ
先住者も元々新参者と同じ大きさでした。このまま大きさが違えばペアになってくれるかもしれません。

カクレクマノミ飛び出す

カクレクマノミが一匹飛び出して、水槽ラックの下で乾燥していました。

10月も終わろうとしているのに、我が家ではつい最近まで蚊が飛んでいて、刺されてかゆくてなかなか寝られない状態だったため、ちょうどその日、アースノーマットを導入したところでした。

寝る部屋と水槽の置いてある部屋は隣同士なので、ひょっとするとアースノーマットの影響なのかとも思いましたが、もう一匹のカクレクマノミやランドールズピストルシュリンプなどの同居人は何ともないので、おそらく不慮の事故だったのだと思います。
ちょっと検索してみると、実際にアースノーマットを使っていたけど問題ない人もいましたし。

で、一匹になったカクレクマノミですが、友達がいなくなって寂しいのか、競争相手がいなくなってゆっくり食べられるようになったからかは分かりませんが、エサを食べるときの勢いがなくなった感じがします。

どっちにしても一匹だけだと可哀相なので、近いうちにもう一匹お迎えしようかなと思っています。

あさりを投入

有機物を濾過して海水の状態をよくしてくれるということで、酒蒸し用に買ったあさりを水槽に入れてみました。
あさりに水合わせとか温度合わせが必要かどうか分かりませんが、とりあえず砂抜きしてる中から元気にぴゅーぴゅーやってそうなやつを一個だけドボン。
あさり

しばらくして入水管と出水管を出したのでとりあえず大丈夫そう。
あさり
この後いつのまにか砂にもぐっていました。もう二度と出てこないんじゃないかと少し不安。

謎の生物 第二弾

去年の9月1日に続き、謎の生物第二弾はこれ。最初、「キイロタカラガイが水面から出てるよ…」くらいにしか思っていませんでした。
謎の生物 その1

が、、、内側から見るとなんかキモっ、毛ぇ生えてるし…
謎の生物 その2

どう見ても貝っぽいので落としても大丈夫だろうと突っついて落としてみると、もがくような動きをした後、そばにいたヤドカリにくっつきました。
謎の生物とヤドカリ
気がついていないおバカなヤドカリ…

ヤドカリとのしばしのお散歩の後、底砂にもぐってしまいました。
謎の生物 その3

ライブロックから出てきたのは間違いないと思いますが、今頃になってこんなものが出てくるとは思いませんでした。
おそるべし、ライブロック。

スターポリプも入れてみる

ヤドカリ2号と一緒にスターポリプも入れていたのですが、やっとポリプを開き始めたので写真撮影。

写真では分かりづらいですが奇麗なグリーンです。これで我が家の海水魚水槽も海水魚水槽らしくなってきました。
ポリプを開いたスターポリプ

しかーし、マガキガイはスターポリプが気になるらしく、ちょっかいを出し始めたとたんポリプを閉じ始めました。
せっかくポリプ開いたのに何をするんだオマエは…
スターポリプにちょっかいを出すマガキガイ

ケヤリとヤドカリ

殺風景な水槽に少しでも華をと思い、ケヤリを入れました。

本当はもう少し派手なケヤリがよかったのですが、地味で安いやつでもそれなりに華やいで見えるのでよかったと思います。
600円のケヤリ

あと、ついでにヤドカリも投入。お店にはユビワサンゴヤドカリもいたのですが、うちの水槽サイズを考えるとちょっと大きめなのと、ランドールズピストルシュリンプが出てこなくなるのも困るので、名前不明の小さいやつにしました。
300円のヤドカリ

600円のケヤリと300円のヤドカリ。コストパフォーマンスはよさげかも…

久々の海水チェック

水換えや硝酸、亜硝酸チェックをいつしたか分からないくらい、海水魚水槽はほったらかしでした。

少なくとも今年に入ってからは何もしていないはず…
それでも元気なカクレクマノミを見つつ、「これじゃまずいよなぁ」と思い、さきほど久々に海水チェックをしました。結果、

比重 : 1.022
亜硝酸塩 : 0.3mg/l 以下
硝酸塩 : 25mg/l +
pH : 7.7

数値的には可もなく不可もなくといったところ。

うちは人工海水ですが、人工海水も新しいうちはミネラルなんかが含まれていますが、これだけ水換えせず、蒸発した分の足し水だけだとただの塩水になっていそう…

元気なカクレクマノミ
それでも元気なカクレクマノミ。

新水槽引っ越し

img_0838.jpg
pHが若干低めでしたが、準備していた新水槽に無事引っ越しました。
プリズムスキマーも買ってもらって私は満足です(笑)
魚とエビと貝とライブロックしか入っていないので海水魚水槽としては殺風景ですが、これから何を入れるかゆっくり考えようと思います。

ちなみに、今まで使っていた水槽にはミナミヌマエビを入れる予定です。
金魚水槽に入っているアヌビアス・ナナの葉にコケがぎっしり付いているので、エビ水槽に移して掃除してもらおうと思います。
コケ取り能力はヤマトヌマエビの方が優れているそうですが、ミナミヌマエビだと水槽内でも容易に繁殖できるので楽しみです。