ついにゾウガメお迎え

今さらですが、あけましておめでとうございます。
更新サボってばかりですが、とりあえず7年目を迎えました。
このブログのきっかけになったベルツノガエルの「ござえもん」も、うちに来てから7年目となりましたが、まだまだ元気にしています。

ところで、我が家にもついにゾウガメがやってきました。
続きを読む

I AM ALIVE

moon
子供が産まれてからずっと更新をさぼってましたが、これからもさぼりっぱなしになりそうです。
生き物も現状維持はしていますが、新しく迎えるのは無理となりました。
それでも何かあれば更新するかもしれませんが、とりあえずブログは一時中断にしようと思います。って今までもずっと中断でしたが…
しかも、誰に向かって話しているんだろう… 誰も見に来てないかもしれないのに(^^;

ケチャップ

ケチャップといってもトマトケチャップではなくこの人
子供の買い物でトイザらスへ行くと、トイザらスが入店しているショッピングセンターでやっていた、ピカチュウといっしょに写真が撮れるというイベントで司会をやっていました。
ずいぶんと前にスカパーで、バックパッカーとして世界を周り、英語を勉強するみたいな番組をやっていて、当時かかさずその番組を見ていました。番組名は確かフジヤマで、その時は本名の「ふじもと」で出ていました。
そういうこともあって私にとっては有名人なのですが、世間一般からすると誰それ?かもしれません。ちなみに嫁さんは「見た事がある」でした(^^;
で、嫁さんの希望でピカチュウとはいっしょに写真を撮ったのですが、ケチャップといっしょに写真を撮ってもらえばよかったと少し後悔。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。「ござえもんどっとこむ」も今年で6年目を迎えましたが、昨年9月に子供が生まれたこともあり、すっかり更新頻度が落ちてしまいました。
もうしばらく超低空飛行状態が続くと思いますが、今年もよろしくお願いいたします。

ベルツノガエル
「ござえもんどっとこむ」が6年目ということは「ござえもん」が我が家に来てから6年目。まだまだ元気です。

来年のかめめくり

来年の「かめめくり」の案内が届きました。
我が家のカメも10匹になり、誰の写真を送るかとか、ストックしてある写真から選ぶか応募用に撮影するかとか、いろいろ悩む時期になりました(^^;

ちなみに、いろんなものが値上がりし、6月に入ってガソリンも値上がりしましたが、「かめめくり」も印刷代の値上がりで2,000円になるそうで…

ついでに給料ももっと値上げしてもらいたいもんです。

Myサンゴ

gooで、30人参加につき1本、沖縄の海にサンゴを植えるgooホーム PROJECTというのをやっていたので、登録しておいたらいつのまにか自分の参加分のサンゴが植えられていました。

Myサンゴ
なくなった、あるいは減ってしまったサンゴを取り戻すために植えるわけですが、植えるサンゴはそこにいたはずのサンゴと遺伝的に違うとよろしくないよな〜とか思い、最初は登録しようかどうしようか迷いましたが、海外から輸入したサンゴを植えるとは思えないし、おそらく近場にいるサンゴのカケラを養殖したものだろうと勝手に推測して登録しました(^^;

ネームプレートの上にあるちょっと色が違っているものがサンゴだと思いますが、サンゴの種類が分かりません。
gooホーム PROJECTのどこを見てもサンゴについて書かれてないんですよねぇ。

植えたサンゴ大丈夫か…

さよなら銀河

寝台急行の銀河が最後の運行ということを、報道ステーションを見て知りました。
鉄道に特に興味があるわけではないのですが、最後とか言われたら見ておかないと損した気分になります。

ネットで最寄りの停車駅の発車時刻を調べ、うちから歩いて5分の所にある踏切を通過する時刻を割り出すと、だいたい24時55分くらい。最後なんだから見に行こうと嫁さんと出かけました。

踏切に着き少し待つと遠くに明るい光が見えました(この付近は長い直線)。ちょっと時間が早い様な気がしましたが、カメラの準備をして接近するのを見ていると、なんか音が変。

変なはずだよ貨物だよ…

貨物が通過して5分もしないうちに再び遠くに明るい光が見えました。
時間的にも銀河なのは間違いないので、再度カメラの準備をして接近するのを待ち、撮った写真がこれ。間違いなく銀河です(笑)
間違いなく銀河です

このあと「銀河」って書いてあるマークが付いている最後尾も撮ろうとしたのですが、シャッターがおりませんでした。
多分、早く撮らないと行ってしまうためシャッターを押すスピードが速くなり、カメラがピントやシャッタースピードを決められなかったのだと思います。夜景モードにしていたのが敗因かもしれません。

私が慌てている間に嫁さんは列車を見ていたようで、乗っている人がこっちを見ていたとか、最後尾の車両に車掌さんが乗っていたとか言っていました。私は慌てているので列車はほとんど見れませんでした。何しに行ったんだか…(笑)