ついにゾウガメお迎え

今さらですが、あけましておめでとうございます。
更新サボってばかりですが、とりあえず7年目を迎えました。
このブログのきっかけになったベルツノガエルの「ござえもん」も、うちに来てから7年目となりましたが、まだまだ元気にしています。

ところで、我が家にもついにゾウガメがやってきました。
続きを読む

I AM ALIVE

moon
子供が産まれてからずっと更新をさぼってましたが、これからもさぼりっぱなしになりそうです。
生き物も現状維持はしていますが、新しく迎えるのは無理となりました。
それでも何かあれば更新するかもしれませんが、とりあえずブログは一時中断にしようと思います。って今までもずっと中断でしたが…
しかも、誰に向かって話しているんだろう… 誰も見に来てないかもしれないのに(^^;

子ガメ産まれる

クサガメ産まれる
少し前からタマゴの割れた部分を少し持ち上げ、中からこちらを伺うように見ていたっぽいので、孵化はもうすぐだろうと思っていましたが昨日無事に産まれました。
バーミキュライトの底に潜っていた子ガメを掘り出してみると、すでにヨークサックを吸収していたので割とすぐに水の中に入れることができそうです。

クサガメのタマゴ その後

imgp2080

産卵から一ヶ月たって、タマゴも成長しているように見えます。
黒っぽく見える部分を見ると、なんとなく中にカメがいる雰囲気がしてきます(^^;
孵化まであと一ヶ月くらい。無事に成長してほしいものです。

ちなみに、二個あったうち一個は会社の後輩のもとへドナドナしていきました。
無事育ってるだろうか…

タマゴ

5月23日、カメを見に行くと丁度クサガメのひらぞうが産卵の最中でした。
産卵場所が無いため、陸場に上がりおしりを水の方に向けてタマゴを水の中に産み落としていました。
産んだタマゴは6個。一つはニホンイシガメのたけぞうに食べられ三つは無精卵でした。
孵化まで約二ヶ月、7月の終わりか8月のあたまくらいには子ガメが見られるんじゃないかと思います。

タマゴ

ムサ苦シイ

オンナ好きなカメ

網の向こうはオンナ風呂、じゃなくてレディルームとなっております。
手前の野郎どもはどうしても向こうに行きたいらしい…
それを知ってかクサガメの「ひらぞう(メスです)」は挑発するかのように首をつっこみます。
女が三人集まれば姦(かしま)しい。男を三つ書く漢字はないと思いますが、もしあればなんと読むか。
それはやっぱり「ムサ苦シイ」かな。

カクレクマノミ リターンズ

前回投入したカクレクマノミは、環境に馴染まずエサも食べずで結局お亡くなりになってしまいました。
それからまた寂しい一人暮らしになったのですが、3月に入ってからホームセンターのペットコーナーにいたチビをつれて帰りました。
前のチビよりは大きめですが、そこのホームセンターの生体は、特に海水魚についてはきちんと管理されているようには見えず、あまり期待はしていませんでした。
実際水槽に放して数日はエサ食いも悪かったのですが、しだいに環境にも慣れ人間にも慣れ、先住者にもビビらず食欲も旺盛になりました。これで一安心。あとはペアになってくれればと思います。
カクレクマノミ

ケチャップ

ケチャップといってもトマトケチャップではなくこの人
子供の買い物でトイザらスへ行くと、トイザらスが入店しているショッピングセンターでやっていた、ピカチュウといっしょに写真が撮れるというイベントで司会をやっていました。
ずいぶんと前にスカパーで、バックパッカーとして世界を周り、英語を勉強するみたいな番組をやっていて、当時かかさずその番組を見ていました。番組名は確かフジヤマで、その時は本名の「ふじもと」で出ていました。
そういうこともあって私にとっては有名人なのですが、世間一般からすると誰それ?かもしれません。ちなみに嫁さんは「見た事がある」でした(^^;
で、嫁さんの希望でピカチュウとはいっしょに写真を撮ったのですが、ケチャップといっしょに写真を撮ってもらえばよかったと少し後悔。

ホットホットトゥゲザー

ミナミイシガメのアンディちゃんと我が家で生まれたクサガメのかめっくすは、まだ小さいので二匹だけ水深の浅いプール暮らしをしています。

ミナミイシガメは夜行性だということで、他のカメのように甲羅干しをするのかどうか分かりませんが、たまに陸場に上がって暖まっています。そして、たまにかめっくすに乗っかられて一緒に暖まっています。
ミナミイシガメ クサガメ
陸場のアンディちゃんはすぐ逃げるので近づいて撮れません。水の中にいる時はエサくれって寄ってくるのに…

謹賀新年

明けましておめでとうございます。「ござえもんどっとこむ」も今年で6年目を迎えましたが、昨年9月に子供が生まれたこともあり、すっかり更新頻度が落ちてしまいました。
もうしばらく超低空飛行状態が続くと思いますが、今年もよろしくお願いいたします。

ベルツノガエル
「ござえもんどっとこむ」が6年目ということは「ござえもん」が我が家に来てから6年目。まだまだ元気です。